キャッシングの重要ポイント

キャッシングの重要ポイントといえば、まず金利です。キャッシングにおける金利は、金融機関によってさまざま違いますが、最近では低金利のキャッシングサービスもたくさん出てきました。借りる金額と返済期間によっては、低い金利で借りれるようになっているところもあり、キャッシングを利用するのであれば、やはり金利についてどれだけ把握しているかが、キャッシングの重要ポイントになるといえます。借りてすぐに返せば、金利がつかないキャッシングサービスもあって、すぐに返せるあてがある人にとっては、リスクも少なくとても便利なサービスになっています。もちろん、その他の人々にとても、キャッシングサービスはたいへん便利なものです。低金利のキャッシングの金利は、たくさん借りて長い時間をかけて返すほど低金利になります。短期間で少しだけ借りると金利は少し高めです。無利息期間に返せるのであれば、金利がつかないのですから、できるだけ無利息期間に返すようにしたいものです。
No.1 三菱東京UFJ銀行カードローン
銀行だから安心の金利!
【三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴】
簡単、スピーディーにご利用OK!
銀行ならではの金利と限度額!

・実質年率4.6%~14.6%
・限度額10~500万円
※学生の方は10万円、主婦の方は30万円以内の利用限度額有
・借入審査最短30分回答

【三菱東京UFJ銀行カードローンの申込条件】
年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人の方
原則安定した収入がある方
保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方
※学生の方、ご本人に収入がなく配偶者に収入のある方も申し込み可能
三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細
No.2 プロミス
申込、借入、返済24時間365日OK!
【プロミスの特徴】
WEB契約なら 即日融資も可能
ポイントサービス登録(無料)で 30日間無利息

・実質年率4.5%~17.8%
・限度額1~500万円
・借入審査自動審査で最短30分回答

【プロミスの申込条件】
年齢20歳以上、69歳以下で安定した収入のある方、当社基準を満たす方
プロミスの詳細
No.3 モビット
WEB完結申込 お申込からご利用までネットのみ!
【モビットの特徴】
10秒結果表示
限度額最高500万円

・実質年率4.8%~18.0%
・限度額1~500万円

【モビットの申込条件】
年齢満20歳~65歳の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)
※アルバイト、パート、自営業の方も利用可能。
モビットの詳細

キャッシングのメリットについて

キャッシングのメリットについて、最大のものと言えば、まず即日にお金を融資してくれるということです。これがキャッシングのメリットとしてまず第一に挙げられるものです。何かいざと言う時の出費には非常に役に立ちます。冠婚葬祭など、いきなりの出費が意外とあるものです。そんな時に役に立つのがキャッシングなのです。キャッシングのメリットとして挙げられた即日融資と言うのには、契約書もいりませんので、すぐにお金を貸してくれます。ですから、いつでも使えます。そして、いつでも返せるのです。借りれるのが簡単でも返すのが難しいのでは、意味がありません。もちろん、便利だからと言って、使いすぎることは禁物です。当然のことながら、計画的に使うことが重要です。キャッシングは、金利が高いのですが、それは年利の話です。そもそもキャッシングとは個人向けの少額融資のことをいいます。あまり長期の借入を想定して借りることはありません。ですから、日割りで見れば、大した金利を支払うことはありません。生活費や事業資金には向いていませんが、前述の通り、一時的な出費には非常に向いています。また、キャッシングには銀行系とノンバンク系があります。どちらがいいか、と言うことは一概に決められませんので、いろいろと調べてみて、自分に合ったところから借りるようにすると良いでしょう。いろいろと金融機関はありますので、じっくりと時間をかけて検討することです。

無利息期間でお得に

キャッシングについて、メリットとデメリットについて述べたいと思います。キャッシングのメリットとは、無担保でお金が借りられることです。キャッシングは、年収や職業、他社からの借り入れ状況などの個人情報のみで、お金を借りることができます。キャッシングの利点は、無担保、審査時間があまりかからない、融資が早いなどがあります。銀行での融資は時間がかかりますが、キャッシングの場合だと、即日で融資が受けられます。キャッシングについては、数日間の借り入れで、すぐに返済をすれば、無利息で借りられる業者が多いでしょう。確実な収入が確定している場合、例えば、数日後に給料が入るなど、1週間程度の借り入れならば、無利息で貸出をしているキャッシングローン会社もあるので、利用をしてみるのもよいでしょう。借入、返済も、コンビニエンスストアやATMを利用して行えるので、キャッシングについては利便性が高いともいえます。次にキャッシングについてデメリットを述べたいと思います。短期間で借りるならば、無利息期間があるので、その期間を利用すれば、金利はかからないのですが、無利息期間を過ぎれば、当然に金利はかかります。金利は、銀行に比べると高く設定されているので、長期の借り入れになるならば、注意しなければなりません。無担保で簡単に融資を受けられる代わりに、金利が高いので、中には、途中で返済が出来なくなってしまう人も出てくるので、自分で計画的に返済計画を立てていかなくてはいけません。キャッシングのデメリットは、融資金額が銀行に比べると低く設定されていることです。融資金額は最高でも500万から700万円程度です。キャッシング業者も、多額の融資は経営破綻にもつながるので、多額融資は抑えています。多額融資、長期間融資ならば、金利面でも、銀行の方が総額の返済額が抑えられるので、銀行での融資を利用した方がよいでしょう。キャッシングは、手軽にできるため、メリットとデメリット面を考慮した上、うまく利用していくのがよいでしょう。